おかずクレープ生地(春餅)具はお好みで

  • おすすめポイント

    具の水分が少なくなるよう仕上げると巻いたとき食べやすいです。また、生地を焼くときに、油を薄く。包んで食べるときに、油多くして焼いてると手がベタベタになります。春餅とはめでたいときなどの集まりの食べ物らしいので、パーティーなどに手巻き寿司感覚で楽しんでくださいね。

    材料(クレープ8枚くらい)

    薄力粉 300g
    片栗粉 大さじ1
    ひとつまみ
    450cc
    焼き油 適量
    お好みの具 適量

    作り方(50分)

    1

    先にボールで粉と塩をよく混ぜ、真ん中に少しずつ水を五回ほど、ダマにならないよう混ぜる。混ざれば冷蔵庫で30分寝かせる。

    2

    具を用意。巻きやすいよう、小さめにレタスをちぎったり、大豆ミートをコチュジャンなどで濃いめに味付けする。水け少なく。

    3

    平たいフライパンに薄く油をぬり、熱くする。火をとめ、お玉で生地を直径15センチくらいに丸く落とし、動かして広げ、焼く。

    4

    表面が乾いたら、裏返して焼き、両面が透明感ある白さに焼けたら、取り出し、ラップする。焼きすぎはパリパリで巻けない。

    5

    生地は約8枚から10枚となる。1枚がごく普通のお玉一杯くらい。分厚く焼くと枚数少なくなる。焼くとき穴開いたら埋めて焼く。

    6

    卓上でレタス、さやから出した枝豆、マヨドレ味のもの、味噌味のもの、などなど組み合わせて食べました。具の水分多く反省…

    7

    写真:焼いた生地の乾燥予防のラップで、具と生地の外を巻いて、汁もれ予防しました。

    PRコーナー