フルーツきんとん

  • おすすめポイント

    幼少から実母に、おせちきんとん二種係をさせられていました。私が好きでよく食べたから。普通の栗もこのフルーツも「きょうの料理」などで実母が真似て、アレンジしたものを私へ教えたのだとは思います。和風だらけのおせちは好物も少なく、子どものころからこれは必須。頑張って裏ごしもして作っていました。今はミキサーという手抜きも覚えて活用しています。

    こにー

    材料(作りやすい量)

    さつまいも 小さめ1本
    パイン缶 スライス1枚と缶汁少々
    リンゴ 少々
    リンゴの色止めの塩水 適量
    上白糖などの色の薄い 適量

    作り方(20分)

    1

    さつまいもは皮の汚いところだけ包丁やピーラーで削り取る。良く洗って皮ごと使う。1センチ厚さほどの輪切りにして水さらし。

    2

    さつまいもが隠れるほどの、分量外の新しい水と鍋に入れ、柔らかに茹でる。水を捨ててからパイン缶汁とミキサー。

    3

    砂糖と練るように煮る。好みの柔らかさまで。冷めたら少し固くなる。そこへパインのスライスを銀杏に8か10に切って入れる。

    4

    リンゴは薄さ5ミリの銀杏に切って、塩水で黒ずまないようにさらす。よく水をきって3へ混ぜる。リンゴは生なので日持ちは短い。

    ああああああああ