蓮根のもちきびはさみ揚げ

  • おすすめポイント

    蓮根の肉詰めならぬ、もちきび詰めです。優しい味のもちきびに、生姜やハーブがアクセントになっています。もちきびがつなぎの役目を果たしてくれるので、具材には小麦粉を入れなくても大丈夫。衣をつけると重くなるので、軽く小麦粉をはたいただけです。素材を活かして皮ごと揚げた蓮根、歯応えがあっておいしいですよ!

    材料(2人分)

    蓮根 大一節程度
    もちきび 30g
    玉ねぎ 1/4個
    パセリ 少量
    生姜すりおろし ひとかけ分
    ハーブ(お好みで) 適量
    小麦粉 少量
    適量
    塩・こしょう 適量

    作り方(60分)

    1

    もちきびを目の細かいざるに入れて洗います。鍋に入れ、倍量の水を入れて20分ぐらいゆでたら、ざるにあげて冷ましておきます

    2

    蓮根は皮つきのまま7,8mmの厚さで8枚(偶数ならOK)に切っておきます。残りはすりおろして水分を絞っておきます

    3

    玉ねぎはみじん切りに、パセリは細かくちぎっておきます

    4

    ボウルにもちきび、すりおろした蓮根、玉ねぎ、生姜、パセリ、ハーブ、塩・こしょうを入れ、よく混ぜます

    5

    バットに蓮根を広げ、茶こしを通して小麦粉をふります。5の具材をはさみ、ギュッと押したら外側にも小麦粉をはたいておきます

    6

    熱した油でこんがりと色づくまで揚げます

    7

    お皿に海苔をしいて(お好みで)お醤油と七味をかけたら出来上がり

    PRコーナー