【ヴィーガンチャレンジ】初心者が夕食3日間をヴィーガン料理にしてみた!

最近、仕事帰りに毎晩立ち寄るコンビニでヴィーガン商品を目にする機会が増えてきました。

ヴィーガンって、身体にも環境にも優しくて、動物の命を守ることにも繋がると知って、自分の生活に取り入れたいと思うけれど、何から始めたらいいのか…まずはヴィーガンがどんなものを食べているのかレシピを探ると、バリエーション豊富でお家でも作れそうなメニューを発見。野菜だけのレシピを考えればいい!とハードルを下げて、まずは3日間の夕食をヴィーガンにしてみることにしました。

これは、ヴィーガン初心者がヴィーガン生活にチャレンジする記録です。

 

ヴィーガンを始める前の私の夕食

 

 

駅前の定食屋でモリモリのレバニラ定食

「今週もお疲れワタシ!」週末金曜日の夜は、いつもの定食屋へ向かいます。

サラリーマンのおじさん達にまぎれて、中ジョッキと大盛のレバニラ定食を完食。仕事を終えてヘトヘト、20時頃から自分のためだけに料理を作るなんて出来ない!といいわけ。こんな食生活を繰り返していては、お腹の脂肪も増えるばかりだとわかってはいましたが…

大好物のパスタ

パスタの麺は、全粒粉でオーガニック…一見ヘルシーそうですが、脂肪分の多い牛ミンチのミートボールは高カロリー。

夕食だけ3日間、ヴィーガンにチャレンジ!

お肉を使わなくても食べ応えのあるメニューや、大好きなビールに合う野菜ベースのおつまみを作りたい!と思い、3日間の夕食メニューを考えてみました。

一日目(土曜日の夜):米粉のフォー

二日目(日曜日の夜):豆腐ハンバーグ

三日目(月曜日の夜):野菜チヂミ(+ビール)

3日間のヴィーガン夕食を達成するために、ルールも決めてみました。

①外食やテイクアウト、デリバリーはNG

外食だとヴィーガン向けメニューがなかなか見つからないし、ヘルシーそうな見た目でも、調味料に動物性食材が使われているかもしれないと思い、NGに。炭水化物や糖質たっぷりのメニューに誘惑されそうということで、ウーバーイーツも利用しないことにしました。

②ちょっぱや(超時短)で軽めのメニューを考える

元々自炊をするタイプではないので、3日間頑張りすぎると挫折するかも?と思い、簡単なメニューのみという縛りを設けます。また。仕事の関係上20時以降に調理〜夕食時間となるので、時短で負担のないメニューにしてみます。

 

まずは、食材の買い出しへ

 

 

休日土曜日、食材だけでなくヴィーガン調味料を買う必要があるので、近所の健康食品店へ行ってみました。

一般的なスーパーにある商品ラインナップより値段はお高めですが、せっかくなので身体にやさしいものをチョイス。いろいろあって、見ているだけでワクワクしてきます。野菜も、できるだけ有機栽培されたものを選んでみました。

 

調味料もヴィーガンのものを。たくさんあって迷うけど、なんか楽しいかも?

 

 

もやしにも有機栽培があることを初めて知りました。

 

一日目:米粉のヴィーガンフォー

 

材料
もやし、油揚げ、玉ねぎ、レモン、パクチー、ライスパスタ

調味料
醤油、クミン、生姜のすりおろし、野菜顆粒だし、塩

作り方

①もやし、ライスパスタはそれぞれ茹でておく

②鍋の野菜顆粒だしが沸いたら、薄切り玉ねぎとパクチーの芯の部分を入れて火を通す

③すべての調味料、湯通しした油揚げとライスパスタを投入して1~2分程度煮る

④器に③を移し、もやしとレモンをトッピングしたら完成

ポイント:肉がなくても、適度な歯ごたえのある油揚げがいい仕事をしてくれました。野菜顆粒だしは、ヴィーガン仕様のもの(植物原料のみ)を選びました。

感想:シンプルな味付けでちょっと不安でしたが、クミンのスパイシーな風味とレモンのさわやかな酸味、パクチーの香りがマッチして、ちゃんとアジアンテイストになっていてビックリ!これがお家でできるなんて、もっと早くやればよかったと思いました。

 

二日目:ヴィーガン豆腐ハンバーグ

 

 

材料
人参、玉ねぎ、ピーマン、しめじ、木綿豆腐、ひじき、おから

調味料
塩コショウ、片栗粉、味噌、オリーブ油

作り方

①みじんぎりした人参、玉ねぎ、ピーマン、しめじをオリーブ油で炒める

②水切りした豆腐、もどしたひじきをなめらかになるまで混ぜる

③おから、片栗粉、味噌、塩コショウ、②を混ぜあわせて生地をつくる

④生地を成型する

⑤多めのオリーブ油で、蓋をせずにフライパンで両面焼く

ポイント:豆腐の水切りは、しっかりやりました。ひじきはもどした後で、細かくカットしてほかの具材と混ざりやすくすると成型しやすかったです。

感想:肉を使っていないので、たっぷり食べてもカロリーが低くて罪悪感ゼロ!味噌や塩コショウでしっかり下味はつけたのでそのままでもよかったけれど、今回はお家に常備していた有機ハラぺーニョペッパーソース(動物性原料不使用)を使って、味変して楽しみました。

 

三日目:野菜たっぷり!ヴィーガンチヂミ

 

 

材料
にら、玉ねぎ、人参、米粉

調味料
醤油、米酢、ごま油、生姜すりおろし、ごま、塩コショウ、オリーブ油、片栗粉、味噌

作り方

①ボウルに米粉、水150CC、にら、薄切り玉ねぎ、せんぎり人参、生姜のすりおろし、塩コショウ、片栗粉、味噌、野菜顆粒だしを混ぜ合わせる

②熱したフライパンにごま油をひき、①を流し入れる

③ふちが乾いてきたら、ひっくり返して、ごま油を足してこんがり焼く

④醤油、米酢、ごま油、ごまをまぜてタレを用意しておく。ハサミでチヂミをカットして、皿に盛りつける

ポイント:なるべく生地を薄くし、裏面はフライ返しで押さえながら焼きました。チヂミが出来上がったら包丁でカットせずに、料理バサミを使って美しく仕上げました。

感想:具材は、冷蔵庫にあるものでOK。卵を使わなくても生地はまとまり、サクサクでもちもち食感になります。タレも好みでアレンジすると飽きずに食べられそう。ビールのお供に最高!

 

ヴィーガンって、ぜんぜん難しくなかった!

 

時間がない、面倒くさいと自炊から逃げていたワタシでも、ゆるヴィーガンチャレンジに大成功。

たった3日間、夕食を菜食にしただけで、翌日の胃もたれもなく、寝覚めもスッキリ。動物性の材料を使わないメニューでも満足できること、何より自分の中に料理に対するクリエイティブな気持ちがよみがえってきました。

食材や調味料は、オーガニックやヴィーガン仕様のものだと少し値段はお高い。それでも、安価なものを必要以上に買い込んで結局無駄にするよりも、きちんと使い切ることを意識して質の良いものを購入するほうが、環境にも身体にもメリットがあると気づきました。

ヴィーガンは確実に、ワタシに新しい視点を与えてくれました。最近増えつつある新しいヴィーガン向けの商品も、これからどんどん試してみたくなりました。

次はなんのヴィーガンチャレンジをしようかな?

 

ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」には多くのヴィーガンヘルシーレシピが投稿されています。ユーザー登録すると、お気に入りレシピの保存や投稿ができます。レシピができた際にはぜひシェアしてください。   

そいみん。

フードライター歴20年以上、ナチュラルフードコーディネーター、フードスタイリスト資格保有。オーガニックや無添加生活を続ける中で、菜食の素晴らしさに魅了され、ヴィーガンを実践中。ヴィーガンを通して、新しい考え方や価値観を受容する社会が広がってほしい!という願いを込めた情報ブログ「おまかせビーガン.com」を運営し、ブロガーとしても活動中。

あなたにオススメ

【ヴィーガンチャレンジ】初心者が夕食3日間をヴィーガン料理にしてみた!

【ヴィーガンチャレンジ】ヴィーガン初心者が大豆ミートを調理してみた!

ヴィーガン初心者が、ヴィーガン生活でも食べられるスイーツを考えてみた

ヴィーガン調味料を揃えるのは難しい?ヴィーガン初心者がやってみた!

ヴィーガン初心者が、3日分のヴィーガン弁当作りにチャレンジしてみた

カテゴリーから探す

ブイクックって?

ブイクックは、植物性100%のヴィーガン料理に特化したレシピ投稿サイトです。「みんなでつくるヴィーガンレシピ集」をコンセプトに、誰もがレシピ投稿ができ、現在、5000件以上のヴィーガンレシピが掲載されています。

新着記事