スムージーレシピ10選!オススメ食材も紹介

 
野菜や果物を丸ごと簡単に食べれるスムージーは、朝食にもぴったり。
不足しがちな野菜の栄養素をしっかり摂取できるので、人気があります。

今回は、ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」の中から、野菜が苦手な方でも美味しく飲めるスムージーのレシピを10個ご紹介!
さらに、おいしいスムージーを作る時におすすめの食材もご案内しますよ。
それではチェックしていきましょう!
 

スムージーにおすすめの食材

小松菜やほうれん草などの緑黄色野菜も、甘い果物と一緒にミキサーにかけると、とても飲みやすくなります。
生のまま食べることができるので、栄養を損なわずに摂取できます。


バナナ 

王道のスムージーの材料「バナナ」。
甘みが強く、野菜と合わせても美味しくお召し上がり頂けます。
糖分が多いので、ダイエットの目的でスムージーを飲む際は注意が必要です。

 

イチゴ

見た目もかわいらしく、甘みと程よい酸味があるイチゴ。
イチゴの酸味はバナナの甘みともよく合います。また、豆乳との相性も抜群です。
ビタミンCが豊富なので、アサイーと一緒にスムージーにして飲むと効率的に栄養をとる事ができます。

▼スーパーフード「アサイー」についてはこちら
アサイーの効果と栄養素!レシピも紹介

小松菜

 
クセがなくどんな果物にも合わせやすい小松菜。
野菜嫌いのお子さまにもおすすめです。
バナナと合わせれば、飲みやすいグリーンスムージーに仕上がります。


ほうれん草 

バナナやリンゴと合わせて、グリーンスムージーにするのがおすすめです。
ほうれん草には、水溶性のビタミンCや葉酸が豊富に含まれています。
スムージーは生のまま使うので、効率的に栄養を摂ることができます。
しかしこれらの栄養素は水溶性のため、茹でると流れ出てしまいます。
スムージーには生のほうれん草を使うので、効率的に栄養を摂ることができます。
 

スムージーのレシピ10選


野菜メインのグリーンスムージー


最初に、野菜がメインのスムージーをご紹介します。
健康に良いスムージーを見ていきましょう!
 

基本のスムージー

リンゴやバナナ、ほうれん草を使ったシンプルなスムージーです。
仕上げにレモン汁を使うと味が整います。

材料(1人分)

ほうれん草  2束
リンゴ    1/2個
バナナ      1/2本
浄水     200cc
レモン絞り汁 大さじ1/2

詳しい作り方はこちら


モロヘイヤのスムージー

栄養価の豊富なモロヘイヤを用いた、緑色の鮮やかなグリーンスムージーです。
水とリンゴなど、水分の多い食材から入れてミキサーにかけてください。
 
材料(2人分)
モロヘイヤ     ひとつかみ 
水菜              2株
リンゴ           1個
バナナ         1/3本
レモン絞り汁  50㏄
AFA               2㏄
浄水              100㏄
リンゴ           大さじ1

詳しい作り方はこちら


夏のライトスムージー

葉物野菜を多く使ったスムージーです。
ダイエットに適したスムージーにするには、葉物野菜を多めに入れましょう。

 

材料(6人分)
グリーンレタス 1/4個
ベビーリーフ  1カップ
レモン     半分
オレンジ    1個
トマト     半分
冷凍マンゴー  5個くらい
浄水      600㏄

詳しい作り方はこちら


グリーンスムージー

トッピングにぶどうやレーズンを使ったグリーンスムージーです。
様々な種類の果物やナッツをのせると、栄養豊富で美味しいスムージーをお召し上がり頂くことが出来ます。

材料(1人分)
ほうれん草         1/3束
りんご               1/2個
バナナ               1本
にんじん            1/3本
豆腐                  1/4丁
スピルリナ         5粒
亜麻仁油             小さじ1
エゴマ油             小さじ2
クルミ                適量
ブルーベリー       適量
ぶどう                適量
レーズン             適量
ミューズリー       適量
アガペーシロップ 適量
シナモン            少々
水、又はぬるま湯  200ml
レーズン               適量
パンプキンシード   適量 
 
詳しい作り方はこちら


フルーツメインのスイーツスムージー


ここからは、果物をたっぷり使用したスムージーをご紹介。
甘めのデザート系スムージーをチェックしましょう!

豆乳グルトスムージー

見た目も華やかな、イチゴのスムージーです。
豆乳のヨーグルトを使えば、ヴィーガンの美味しいイチゴスムージーが作れます。

 

材料(1ボウル分)
豆乳グルト       100g
イチゴ           8個〜
冷凍バナナ   1本
アガベシロップ  大さじ1
レモン              半分

詳しい作り方はこちら


抹茶スムージー

こちらは抹茶パウダーを使ったスムージー。
材料が混ざりにくい場合は、少しずつ豆乳を足してみてください。
簡単に作れるので朝食にもぴったりです。

材料(1人分)
冷凍バナナ               1本
豆乳                        適量
抹茶                        適量
ドライフルーツ         お好みで
ココナッツフレーク   お好みで

詳しい作り方はこちら
 

ベリースムージー

ブルーベリーを使ったスムージーです。
作ってから2~3分置くと、ブルーベリーのペクチンの効果でもっちりとした食感になります。
甘さを足したいときには、バナナなどの甘みの強いフルーツを足してお召し上がりください。

材料(1人分)
冷凍ブルーベリー            1カップ
冷凍ミックスフルーツ      1/2カップ
冷凍バナナ                     1/2本
浄水                              300㏄
ローマキベリーパウダー    小さじ2
ローマカパウダー             小さじ1
ロールクマパウダー          小さじ1/2

詳しい作り方はこちら


マキベリーのスムージー

マキベリーはポリフェノールなどの栄養素が豊富なスーパーフルーツ。
アサイーなどのスーパーフードと並び、抗酸化作用が強い果物です。
こちらも材料が4つだけのシンプルなレシピです。

材料(1人分)
リンゴ                          1/3
冷凍ブルーベリー           10粒 
マキベリーパウダー        小さじ1
浄水                             200㏄

詳しい作り方はこちら


フルーツスムージー

材料が3つだけの、簡単に作れるレシピです。
色どりもかわいらしく、忙しい朝にもおすすめです。

材料
イチゴ          半パック
冷凍バナナ    2本
キウイ          2個

詳しい作り方はこちら


デザートスムージー

こちらも材料が3つの簡単に作れるレシピです。
冷凍したフルーツを使うと、アイスクリームのような食感になります。

材料(2人分)
バナナ          1本
いちご          10粒
豆乳             適量

詳しい作り方はこちら


簡単ヘルシーなスムージーで健康に!


いかがでしたか?
スムージーは様々な野菜や果物を生で食べることができるので、手軽にできるヘルシーメニューです。
色々なアレンジで楽しんでみてくださいね。

ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」では、1200品以上のヴィーガンレシピを掲載しています。
さらに会員登録をすると、お気に入りレシピが登録できるので便利です!
ぜひチェックしてみてください。

ユーザー登録はこちらから!

▼あなたへのオススメ記事はこちら
豆乳に含まれるタンパク質は?大豆タンパク質についてご紹介!

ローフードの魅力とは?効果やレシピをご紹介



 


 
 

 

 

ますみ

ヴィーガン料理の美味しさと楽しさをお届けします。 より多くの方にヴィーガン料理を楽しんでいただけたら嬉しいです!

あなたにオススメ

豆乳スープのレシピ10選!アレンジ豊かなレシピ集

スピルリナは栄養の宝庫!注目のスーパーフードを解説

ブイクックのヴィーガンレシピ トップ5【8月編】

ハロウィンもヴィーガン料理で!12個のレシピ付き

さつまいもの栄養は美容にオススメ!その効果をご紹介介

カテゴリーから探す

ブイクックって?

ブイクックは、植物性100%のヴィーガン料理に特化したレシピ投稿サイトです。「みんなでつくるヴィーガンレシピ集」をコンセプトに、誰もがレシピ投稿ができ、現在、500件以上のヴィーガンレシピが掲載されています。

新着記事