世界で注目の植物肉とは?驚くべき味・食べ方まで紹介


近年、欧米で急成長している「植物肉」。
日本でも徐々に広がりをみせており、新商品の開発が活発化しています。
皆さんもスーパーやコンビニで、大豆や野菜を使ったお肉を見たことがあるのではないでしょうか。
ただ「実際に口にしたことがない」「どのようなものか分からない」という声も。
そこで今回は、植物肉をもっと知ってもらうために基本的な知識やおすすめ商品をご紹介。ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」から手軽に活用できるレシピまでご案内します!


最近話題の「植物肉」とは?


植物肉とは、大豆や小麦、エンドウ豆といった植物性原料を使用した代替肉のことです。
同じ意味で「プラントベースミート」と呼ばれることもあります。
近年の技術革新により、動物性の肉と大きく変わらない味わいや食感を再現する商品が増えています。

植物由来のお肉なので食物繊維が摂れ、本来のお肉と比べて脂質が大幅に抑えられることも特徴です。
日本でも大手食品メーカーが続々と参入し、ファストフード店やコンビニも商品化を進めています。

また植物肉を肉の代替品とすることで、環境・食料問題の課題を解決することにつながります。
持続可能な開発目標(SDGs)の高まりもあり、今後さらなる成長や可能性が期待できます。


植物肉が注目される理由とは


米国や北欧では、植物肉の市場が急速に拡大しています。
スーパーでは植物肉の商品が並んでいたり、飲食店でも植物肉を使ったメニュー対応がされていたりと、幅広く植物肉と接する機会があることも大きな点です。

またインポッシブル・フーズやビヨンド・ミートを始めとする、植物由来の食品を開発するスタートアップも次々に生まれています。
なぜ世界では植物肉が注目されているのでしょうか。
その理由には、以下の4つの観点があります。


環境保護


畜産業は、環境に深刻な影響を与えています。
家畜の飼育で必要な土地を確保するために、世界では森林伐採による環境破壊が進んでいる現状です。

またFAOは、大気中に排出する温室効果ガスが家畜に由来していると発表しました。
このような環境負荷を軽減するために、植物肉を選ぶ人が増えています。


食料問題


世界人口の増加や新興国の経済発展により、食用肉の需要が増加傾向にあります。
その結果、将来的に世界でたんぱく質の供給が追いつかなくなる「たんぱく質危機」の可能性が指摘されています。

さらに国連環境計画では、増加する人口を養う水を確保するために、肉の消費を減らすべきだと警告を発表しました。
飢餓をなくし、持続可能な社会を形成するためにも、植物肉は重要な役割を担っているといえます。


動物愛護


抗生物質や品種改良で家畜を無理に成長させ、できるだけ早く食肉として出荷しようとする畜産体制が問題となっています。

無理のある畜産や家畜の飼育は、動物の感染症を引き起こす危険性があります。
こうした状況は、動物の尊厳を守り、命に敬意を表して大切に扱うという倫理に反することから指摘されています。


健康


食を通じた健康意識の高まりから、オーガニック食材やグルテンフリーと同様に植物肉も注目されています。
米国では従来より動物肉の消費が多いため、健康志向の人向けに飲食店や小売で扱う店舗が増えてきました。

動物肉と比べて低カロリー、良質なたんぱく質や食物繊維がとれるといった栄養面でも支持されています。


植物肉のおすすめ商品3選


ここからは、日本にどのような植物肉を使った商品があるのか見ていきましょう。
解凍してから調理する商品と、湯戻しをする商品の2種類があります。

NEXT YAKINIKU ハラミ1.0

見た目も動物性の食肉にそっくりな、ジュワッと柔らかいハラミ風のプラントベース焼肉です。

自然解凍したのち、軽くフライパンで焼くだけで簡単に焼肉が作れます。
主な原料は大豆。無添加なので安心して食べることができるのもメリット。
他にも、植物肉のカルビやレトルト牛丼があります。

オムニミート

史上初、アジアで発祥したひき肉の植物代替肉です。
栄養価が高く、ホルモン剤や抗生物質、遺伝子組み換え原材料は不使用。

まるでひき肉を食べているかのような味わいや見た目を再現しています。
ミートボールや麻婆豆腐など幅広い調理方法で料理を楽しむことができます。

大豆と玄米のベジフィレ

大豆と玄米だけで作った、お肉のような食感を楽しめるベジフィレです。
お肉より低カロリーであり、お肉以上の良質なたんぱく質と食物繊維が取れます。

湯戻しをして手軽に調理できることも魅力。
煮込み料理やスープには、そのまま入れるだけで簡単に作ることができます。

植物肉で作る絶品レシピ3選


最後に、ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」より、植物肉を使ったレシピをご紹介します。
どのレシピも、植物肉を活かした美味しい料理が作れます!

肉詰めジャンボマッシュルーム


解凍した植物肉と豆腐をまとめた肉だねを、マッシュルームに詰めて焼きます。
本来のお肉を食べているかのようなジューシー感。
ボリューム満点で食べた後も重たく感じません。
煮詰めたタレがさらに旨味を引き出してくれますよ。

材料(2人分)
ジャンボマッシュルーム 2個
植物肉 200g
玉ねぎ 1/4個
にんにく 2片
絹ごし豆腐 100g〜
塩 小さじ1/2
醤油 大さじ1〜2
みりん 大さじ2
日本酒 大さじ2
メープルシロップ 大さじ1
薄力粉 適量
オリーブオイル 適量

味噌クリームリゾット


味噌のコクと豆乳クリームの相性が抜群のリゾット。
さらに植物肉を使うことで、リッチな食感が味わえます。
たんぱく質をしっかりとれるヴィーガン料理としてもおすすめです。
炊いたご飯があれば、効率よく作ることができますよ。

材料(3〜4人分)
オイル 大さじ3
米なす 1本
じゃがいも 大1個
水 1カップ
植物肉 2カップ
豆乳クリーム 200ml
小麦粉 大さじ2.5
にんにく 3欠片
酒 大さじ3
味噌 大さじ2
塩 2つまみ
ピーナッツバター 大さじ1
胡椒 少々
ご飯 1.5〜2合分

植物肉の回鍋肉


スタミナ満点、ご飯がすすむ回鍋肉を植物肉で作ることができます。
本来のお肉のような食感なので、満足感があります。
植物肉はフィレタイプを使ってみてください。

材料(2人分)
キャベツ 半球
ピーマン 3つ
白ネギ 5cm
生姜チューブ 小さじ1
豆板醤 大さじ1.5
植物肉 90g
甜麺醤 大さじ1.5
醤油 大さじ1
酒 大さじ1

植物肉を使った料理を作ってみよう!


今回は植物肉について、おすすめ商品やレシピと共にご紹介しました。
大豆ミートなどの植物肉は、今後日本でもトレンドになるのではないでしょうか。
また植物肉を使うことで、ヴィーガン料理にも幅広く活用することができます。

ブイクックでは、他にも大豆ミートや植物肉を使ったレシピをたくさんご紹介しています。
ユーザー登録を行えば、レシピを保存することができます!
ぜひチェックしてみてくださいね。

ブイクックのユーザー登録はこちらから!


▼あなたにおすすめの記事はこちら!



akina

食の選択肢を増やしながら、心も体もやさしい食生活をしています。

あなたにオススメ

グルテンフリーパスタおすすめ商品10選!レシピ付き

世界で注目の植物肉とは?驚くべき味・食べ方まで紹介

ワインはヴィーガン食品?意外にも動物由来な理由とは?

植物性タンパク質ガイド!動物性よりも健康な理由とは?

話題のプラントベースとは?定義や基本をご紹介!

カテゴリーから探す

ブイクックって?

ブイクックは、植物性100%のヴィーガン料理に特化したレシピ投稿サイトです。「みんなでつくるヴィーガンレシピ集」をコンセプトに、誰もがレシピ投稿ができ、現在、2000件以上のヴィーガンレシピが掲載されています。

新着記事